-->

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←桜の涙 4 →従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【桜の涙 4】へ
  • 【従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

従順なペット(連載中)

従順なペット 1 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

 ←桜の涙 4 →従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
 ――あ、あの髪留め可愛い。
 ここ数年で都内にいくつかできたある雑貨屋のチェーン店で、萌絵は可愛い髪留めを見つけた。
 それは、萌絵の好きな淡い水色の髪留めだった。透明感があり、キラキラと綺麗な装飾が付いている。
 値段、いくらだろう? 値札を見る。
 1,800円! 昨日ワンピース1着とCDを買ってしまい、今月は給料日まであまりお金に余裕がなかった。あと1週間で給料日だが、萌絵は一人暮らしで大学に通っているので、食費もかかる。
 同じデザインで他の色のものはまだたくさん残っていたが、その淡い綺麗な水色の髪留めは1つしか残ってなかった。
 ……周りには誰もいない。
 萌絵は髪留めをそっとバッグの中に入れた。
 万引きなんて今までしたことがなかった。
 胸をドキドキさせながら店の外に出た時だった。

「カバンの中に何を入れた?」

 後ろから男の声で静かに囁かれた。萌絵はビクッとした。

「ちょっとこっち来て」

 萌絵は腕を掴まれ、奥のスタッフルームへ連れて行かれた。

 萌絵をスタッフルームへ連れて行ったのは、萌絵より年上――恐らく25歳前後のスラリとした細い男だった。

「万引きした商品を出して」

 言われるまま、萌絵は水色の髪留めを出した。

「警察に連絡だな」

 男は店のコードレス電話を持ち上げた。

「ごめんなさい! 返します! 警察には連絡しないでください!」

 萌絵の実家は経済的な余裕がなく、萌絵は特待生制度で今の大学に無償で通っていた。警察から大学に連絡されると、特待生制度が打ち切られ、大学を辞めないといけなくなる。

「あのさ。万引きが見つかって、店を出てから、返します、じゃ遅いんだけど」
「ごめんなさい、もう、しませんから!」

 自分の軽率な行動に後悔し、涙が出てきた。泣き出した萌絵を見て男は電話を置いた。

「名前は? 身分証明書とかある?」
「杉崎萌絵と言います……」

 萌絵は自分の大学の学生証を出した。
「T女子大の1年生? エリートのお嬢様学校じゃん。なんでそんなお嬢様が万引きなんてしたの」
「あの……うちはお金がなくて、特待生制度で学費なしで通ってるんです。だから、警察に言われたら、特待生制度が打ち切られちゃって退学になっちゃうから、警察には連絡しないでください!」

 萌絵が頭を下げた。

「へえ。すげえ優秀なんだ? じゃあ分かるよね、自業自得っていう言葉」
「ごめんなさい! 初めてだったんです! 本当にもうしませんから!」
「一応、名前と住所と学校名控えさせてもらうから」

 そう言って男は立ち上がり、学生証のコピーを取った。

「後、連絡先知りたいから、このコピーの余白に携帯の番号とメールアドレス書いてくれる?」

 萌絵は言われたとおりに書いた。


応援クリック頂けましたら、飛び跳ねて喜びますヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【桜の涙 4】へ
  • 【従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【桜の涙 4】へ
  • 【従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。