-->

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←従順なペット 10 ※この作品にはR18シーンが含まれます。 →従順なペット 11 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【従順なペット 10 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • 【従順なペット 11 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

桜の涙(連載中)

桜の涙 12

 ←従順なペット 10 ※この作品にはR18シーンが含まれます。 →従順なペット 11 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
「そろそろ片付けるかー! 各自、ゴミはちゃんと持って帰ること! ああ、夜遅くなっちゃったから、誰か美桜ちゃん送っていってあげて」
「俺が送ります!」

 まっさきに答えたのはタケルだった。

「美桜ちゃん、どこに住んでるの?」
「あ、南台の方なんだけど……」
「南か……。俺、北台なんだよね……反対側だな……」

 タケルが苦い顔をする。

「あ、俺、南台だよ」

 聖夜が声をかけた。

「美桜ちゃん、南台のどこ?」
「3丁目のグレースAっていうマンションなんですけど……」
「マジで!?」

 聖夜が笑った。

「俺、その隣のマンション。グレースB」
「あ、そうなんですか
「良かったー!」

 悔しそうに聖夜を睨みつけるタケルの頭をリオンがポンと叩いた。

「欲しいものはできるだけ早く手に入れないと、手遅れになっちゃうよ?」


 聖夜との帰り道、いろんな話をした。

「聖夜さんってクリスマスイブに生まれたんですね!」
「そう。だから、誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントも一緒」

 聖夜が苦笑する。

「答えたくなかったらいいけど……。美桜ちゃんと樹さん、バスケの時来るの遅かったじゃん? 何か話したの?」
「あ……いえ……あの特に」

 付き合って欲しいと言われ、キスまでされたとは話しづらかった。

「ふーん……。樹さんにはとても大切にしている彼女がいるから、好きにならない方がいいよ」

 ドキッとした。樹には本命の彼女がいたのか……。じゃあ、付き合って欲しいと言ったのは冗談だったのだろうか。遊びのつもりだったのだろうか。そんな人には見えなかったけれど……。

「何? 今日一日で、そんなに樹さんのこと気に入った?」

 からかい口調で訊かれて、思わず顔が赤くなった。

「いえ、別に、そんな……」
「じゃあさ。俺と付き合わない? 俺なら美桜ちゃんを幸せにできるよ」

 美桜は驚いて聖夜を見上げた。

「あの……それは、リオン先輩みたいに、とりあえず口説く的な……ですよね?」

 聖夜が苦笑した。

「違うよ。今日一日美桜ちゃんを見ててさ、可愛いなって思って。臼井さんに話しかけたり、ちゃんと気配りもできる子なんだなって思ったら好きになった」
「あ……ごめんなさい。考えさせてもらってもいいですか……?」

 聖夜が笑った。

「もちろん構わないけど。でも樹さんとは比べないでね。樹さんが美桜ちゃんを本気で好きになることはないから」

 マンションの前まで送ってもらい、「明日も空き時間に部室においで。日中は大抵誰かいるから」と誘われた。





応援クリック頂けましたら、飛び跳ねて喜びますヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【従順なペット 10 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • 【従順なペット 11 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【従順なペット 10 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • 【従順なペット 11 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。