-->

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←桜の涙 7 →従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【桜の涙 7】へ
  • 【従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ショートショート・短編

一話完結「七夕の出会い」(社会人の恋愛)

 ←桜の涙 7 →従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。
 数年前に別れた男性がいる。別れたのはちょうど2年前の七夕の日だった。七夕をわざわざ選んで別れたわけではない。たまたまだった。別れた彼は三枝涼(さえぐさりょう)。涼しげな名前どおり、いつも涼しげで優しい人だった。
 とても好きだった。出会った時は運命の人だとも思った。
 だが、彼の転勤に伴って遠距離恋愛となってしまい、土日祝が休みの彼と平日しか休みが取れなかった販売業の私とはどうしても疎遠になってしまった。
 今の時代、携帯電話やメールやインターネットなど繋がるためのツールは山ほどあるが、それでも物理的な距離はいつしか心の距離になってしまっていた。
 それ以来、誰とも付き合っていない。
 合コンに誘われれば行くけれど、出会いを求めてというよりただの人数稼ぎだ。
 彼よりも素敵な人はきっといくらでもいる。
 そう思うが、私の心の片隅にはいつも彼の面影が棲んでいた。

 いつも使う駅の構内にたくさんの短冊が結ばれている笹が置かれていた。
 そうか。今日は七夕だ。
 せっかくなので、私も何か願い事を書こうとして1枚の短冊を手にした。が、ペンを持つ手が止まってしまった。
 何を書こう。涼に会いたい? 復縁したい? そんなことしか思いつかないから数年たっても新しい彼氏ができないのだ。
 私は短冊に「運命の人と出会えますように」と書いて笹の枝に結ぼうとした。

「――ゆかり?」

 どこか懐かしい声で私の名前が呼ばれた気がした。振り返ると少し離れた場所に涼が立っていた。

「涼! なんでここに……」
「転勤で、戻ってきたんだよ。短冊書いてたのか?」
「あ……」

 私は慌てて短冊を隠そうとしたが、涼がひょいっとそれを取り上げた。

「運命の人と出会えますように?」

 恥ずかしい。いい年してしかも別れた彼氏にこんなところを見られるなんて。

「なあ、ゆかり」

 涼が言った。

「俺がゆかりの運命の人じゃだめかな? 俺、ゆかりと初めて出会ったときゆかりは俺の運命の人だと思った。そして今こうして出会ったのも運命だと感じた」
「でも……また遠距離恋愛になったら……」
「しばらくはここにいるよ。転勤になったら……付いてきてほしい」
「付いて……?」
「結婚して欲しい。この一言が言えなくてゆかりと別れてからの数年がとても辛かった」

 私は混乱した。まさか涼と再び出会えるとは。しかも結婚? 私の仕事は?

「答えは今出さなくていいから。ただ、もう一度付き合ってください」

 混乱した頭の中で直感した。涼はやはり私の運命の人だ。

「私、ずっと涼が忘れられなかった」
「俺もだよ。ずっとゆかりのことを思っていた」

 思わず涼の左腕を両手で抱きしめると、涼は右手で優しく頭を撫でてくれた。
 涼の体からは懐かしい香りがした。私がプレゼントした香水の香り。今でも付けてくれていると思うと嬉しかった。




応援クリック頂けましたら、飛び跳ねて喜びますヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村

作者より
本館「Fantasia」にも七夕ネタのショートショートを載せています。
七夕の人
もし、良かったら、暇つぶしにでも読んでみていただけると嬉しいです。
この作品よりは短いです。

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 作者より
もくじ  3kaku_s_L.png LOVE LOVE短編集
  • 【桜の涙 7】へ
  • 【従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ

~ Comment ~

オハヨウです

恋愛はパワーがいるものですよね

遠距離ならば 尚更

ボクは運命論者でもありますが

今のの状況が運命ならば

哀しいものです…

フラメント様

こんにちは。
恋愛って本当にパワーがいりますね。
初期の頃はパワーを使うことが楽しくもありますが、
だんだん疲れてきたりしてしまいます。

運命か…。
私は今の状況が運命と言われると
そうか、運命か、じゃあ仕方がないと諦めてしまいそうです。

コメントありがとうございました。

こちらのお話は。

こちらの七夕のお話はきゅんと切ない部分もありますが、幸せなお話で読んだ後、嬉しくなりました。素敵なお話でした(^-^)
それでは、また、お邪魔させて頂いて、こちらのお話も徐々に他のも読ませて頂きますね♪

愛理様

別館にまでお越しくださり、コメントまでどうもありがとうございました!
素敵なお話と言ってくださってとても嬉しいです。
こちら「別館」は最近作ったものなので、まだあまりコンテンツがないのですが、
よろしければ、時間つぶしにでもお読みいただけると嬉しいです。

この度はコメントをどうもありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【桜の涙 7】へ
  • 【従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。