-->

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 08

【  2016年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

従順なペット 7 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.07.13 (Wed)

 「はい、これ、家賃、食費、水道光熱費。折半した俺の分」 潤から渡された封筒の厚さに驚く。萌絵は1ヶ月分の家賃と食費と水道光熱費をざっと考えてみた。「いえ! 多すぎです! ここ家賃安いし!」「多かったら、なんか豪勢な食事でも作ってよ。それでも余ったら俺の店で何か買って。ちゃんとお金払って。そしたら俺に還元されるから」「でも……」 潤から渡された金額はとても折半と言える金額ではなかった。「お金はないより...全文を読む

桜の涙 9

桜の涙(連載中)

2016.07.10 (Sun)

 「なあ。このサークル怪しいよ。深入りする前に辞めない?」 タケルが他のメンバーには聞こえないような声で美桜に言った。「でも、結構楽しそうだよ?」 そう言いながら、美桜は樹の存在が気になっていた。コートでは、ちょうど樹がゴールを決めたところだった。さっきの風のようなやさしいキス、一目惚れ……。思い出すと改めてドキドキした。「俺は辞めたいんだけどな。でも俺だけ辞めると、余計に美桜ちゃんが心配だし。美桜ち...全文を読む

従順なペット 6 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.07.10 (Sun)

  潤はなかなか帰ってこなかった。 このまま帰ってこなければいいのに……。だが、この部屋の鍵は潤が持ったままだ。 萌絵は迷ったが、炒飯を2人前作った。もし、潤の気が変わっても――気が変わって欲しかったが――冷蔵庫に入れて明日にでも食べればいい。 玄関の鍵が開く音がした。萌絵は思わず玄関を見る。「お待たせ。っていうか、ただいまかな?」 潤が着替えらしい荷物を持って入ってきた。「はい、鍵。合鍵作ったから返すね...全文を読む

桜の涙 8

桜の涙(連載中)

2016.07.09 (Sat)

 最後から2番目に部屋を出ようとした時、美桜は後ろから腕を引かれた。「樹先輩……? 行かないんですか?」 突然美桜は樹に抱きしめられた。思いもしなかった行動に美桜の体は固まった。「君が他の男と一緒にいるところを見たくない。俺の側にずっといて欲しい。――君に一目惚れした。付き合って欲しい」「え……? あの……」 彼氏いない歴=年齢の美桜は告白もされたことがなかった。まだ出会って数時間しか経っていない先輩。何か...全文を読む

従順なペット 5 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.07.07 (Thu)

 「へえー。綺麗に片付いてるじゃん」 潤が物珍しそうに萌絵の部屋を眺めた。一方の萌絵は自分の部屋なのに居心地が悪い気がした。「はい、これ」 潤がプレゼント用にラッピングされた小さな紙袋を渡した。「なんですか……?」「開けてみて」 萌絵が恐る恐る開けてみる。中にはさっきの水色の髪留めが入っていた。「…………! 持ってきたんですか!?」「ちゃんと金払って買ってきたんだよ。欲しかったんだろ? 初めて万引きするく...全文を読む

一話完結「七夕の出会い」(社会人の恋愛)

ショートショート・短編

2016.07.06 (Wed)

  数年前に別れた男性がいる。別れたのはちょうど2年前の七夕の日だった。七夕をわざわざ選んで別れたわけではない。たまたまだった。別れた彼は三枝涼(さえぐさりょう)。涼しげな名前どおり、いつも涼しげで優しい人だった。 とても好きだった。出会った時は運命の人だとも思った。 だが、彼の転勤に伴って遠距離恋愛となってしまい、土日祝が休みの彼と平日しか休みが取れなかった販売業の私とはどうしても疎遠になってしま...全文を読む

桜の涙 7

桜の涙(連載中)

2016.07.06 (Wed)

 「NA部……ナショナル・アクティブ部って具体的に何するんですか?」 タケルが胡散臭そうに訊ねた。まだ、警戒心を持っているようだ。「ナショナル・アクティブ部? 何だよ、それ?」 大地が怪訝な顔をする。「え!? 国内のいろんなアクティビティを楽しむ部NA部ってそこの人に言われて連れてこられたんですけど!」 タケルが樹を指差す。「ナショナル・アクティブ部って! 誰が上手いこと言えと」「樹は適当なこと言うのにつ...全文を読む

従順なペット 4 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.07.05 (Tue)

 「住所を見る限り、一人暮らしっぽいけど?」「そうです」「じゃあ、今から行っていい?」「…………!」 こんな初対面の男と2人きりになるのは怖い気がした。「それは、困ります!」「あ、そう。じゃあ、ラブホ行く?」「えっ!?」 萌絵は驚いて潤の顔を見た。「あのさ、俺の女になるっていう意味、分かってる?」 潤が笑いを含んだ声で訊いた。「分かってますけど……! でも、そんな、急に!」「じゃあ3択。1.萌絵ちゃんの家...全文を読む

桜の涙 6

桜の涙(連載中)

2016.07.03 (Sun)

   部室内の雰囲気が少し重くなった時、子犬……いや小太郎が缶ジュースを2本持ってきてくれた。「たっだいま―! 桜満開で春とは言っても、やっぱりまだ外は肌寒いよねー」 部屋の空気がカラッと明るくなった。もっとも本人は意図的にそうしようとしたわけではなく、天然らしい。「じゃあ、小太郎とリオンが買ってきてくれた飲み物とお菓子適当に食おうぜ」 大地がそう言い、飲み物とお菓子を並べ始めた。「ん……? 俺、小太郎...全文を読む

従順なペット 3 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.07.02 (Sat)

  一人残され、萌絵は不安になった。 萌絵は高校時代までずっと勉強一筋で彼氏なんていなかった。 大学生になっても、女子大なので出会いはなく、バイトも家庭教師なので、いまだに彼氏はいない。 ――俺の女になる? 調教!? 正直、怖かった。でも、大学を退学したくない……。 男がスタッフルームに戻ってきた。「名前なんだっけ、萌絵ちゃんだっけ? 今日これから予定ある?」「いえ……。今日はもう授業もないし、バイトもな...全文を読む

前月     2016年07月   ««    翌月

Menu

プロフィール

Sha-La

Author:Sha-La
Sha-Laのブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。