-->

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 051234567891011121314151617181920212223242526272829302016 07

【  2016年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

桜の涙 5

桜の涙(連載中)

2016.06.30 (Thu)

  ドアが開く音がした。「お! 帰ってきたか!?」 大地が声をかけると、外から、大きな袋をを下げた欧米系の外国人らしき男性と中学生くらいの子どもが入ってきた。「あ! 新入部員ですか! やった! 俺も先輩だ!」 中学生くらいの子どもが喜ぶ。声変わりもまだのようだ。「この子は……誰かの弟さんですか?」 随分アットホームなサークルだなと思いながら美桜が訊ねた。「新入生のくせに生意気な! 俺は2年生だ! すで...全文を読む

従順なペット 2 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.06.29 (Wed)

 「OK。じゃあ、後は警察に連絡か」 男が再びコードレス電話を取り上げた。「やめて下さい! 本当にお願いします!」「うちのチェーン店はね、女子高生とか女子大生とかの万引きが本当に多いの。いちいち見逃してたらキリがなくて店潰れるから、全部警察に連絡する方針になってるから。そっちも退学がかかってるかもしれないけど、こっちは店全部の存続がかかっているわけ」「そんな……!」「それとも――」 男はフッと笑みを浮かべ...全文を読む

従順なペット 1 ※この作品にはR18シーンが含まれます。

従順なペット(連載中)

2016.06.29 (Wed)

  ――あ、あの髪留め可愛い。 ここ数年で都内にいくつかできたある雑貨屋のチェーン店で、萌絵は可愛い髪留めを見つけた。 それは、萌絵の好きな淡い水色の髪留めだった。透明感があり、キラキラと綺麗な装飾が付いている。 値段、いくらだろう? 値札を見る。 1,800円! 昨日ワンピース1着とCDを買ってしまい、今月は給料日まであまりお金に余裕がなかった。あと1週間で給料日だが、萌絵は一人暮らしで大学に通っているので...全文を読む

桜の涙 4

桜の涙(連載中)

2016.06.29 (Wed)

 「じゃあ、改めて、ここにいるメンバーだけでも自己紹介を。まず、美桜ちゃんとタケルくんから何か一言言ってくれる?」 大地が言った。「あ……倉本美桜です。法学部です。一人暮らしでまだ何も分からないので、失礼なことしちゃったりするかもしれませんがよろしくお願いします。」 拍手が上がった。「美しい桜」っていいねえ、と大地にも言ってもらえた。「青木タケルです。美桜ちゃんと一緒の法学部です」「何!? お前ら、付...全文を読む

桜の涙 3

桜の涙(連載中)

2016.06.27 (Mon)

  桜並木を通り、樹の足取りは大学の外へ向かっていた。「え? 部室行くんじゃないんですか?」 美桜が怪訝な顔で訊ねた。「部室だよ。大学公認じゃないサークルは、大学内に部室を作ってもらえないから、外を使うんだ」 連れて行かれた場所は、普通のマンションの一室だった。「ここ……ですか?」 男の人にマンションに連れてこられて、美桜もさすがに不安になった。そんな美桜の手をタケルが自然に握り締めた。「俺がいるから...全文を読む

桜の涙 2

桜の涙(連載中)

2016.06.25 (Sat)

 「……キミ、名前は?」 黒髪の男子学生が尋ねた。「クラモト・ミオですけど……」「そっか……。そうだよな……」 驚いた瞳はふと曇った。悲しげなような切ないようなその瞳に吸い込まれ、美桜はドキッとした。「すみません、あなたこそ誰なんですか?」 タケルが苛立ちを隠せないような口調で言った。「あ……俺は早瀬樹(はやせいつき)。2年生。……キミ、サークル決めた?」 後半の疑問文は明らかに美桜に向かって訊ねられたものだ。...全文を読む

桜の涙 1

桜の涙(連載中)

2016.06.25 (Sat)

  帝王都大学は、日本の私立大学の中でも規模も生徒数もトップレベルの大学だ。 法学部法律学科の新入生だけでも500人を超える。 もちろん、他の学部学科を合わせると、新入生だけで数千人という規模である。 そんな中、倉本美桜(くらもとみお)は、たくさんの期待と少しの緊張感を抱きながら、大教室で法律学科の新入生向けのガイダンスを受けていた。 地方から出てきて、初めての一人暮らしの生活。メガネをやめてコンタ...全文を読む

ご挨拶

作者より

2016.06.25 (Sat)

 ようこそいらっしゃいませ。m(_ _)m「Fantasia」という小説ブログの作者Sha-Laと申します。「Fantasia」では、ファンタジー小説を中心に、恋愛もの、ショートショートなど60作以上の作品を発表しています。「Fantasia」では現在連載中の作品もあるので、さらに新たな連載を増やすと読者様の混乱を招くかと思いまして今後、現代恋愛小説はこちらで発表しようと思い、新しく当ブログを立ち上げました。どちらのブログのお客様も、...全文を読む

前月     2016年06月       翌月

Menu

プロフィール

Sha-La

Author:Sha-La
Sha-Laのブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。